「落ち着いて」の英語表現4選を例文付きで紹介

未分類

皆さんこんにちは、じぃ~じです。

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。

本日は

「落ち着いて」

という英語表現を例文付きで4つ紹介します。

calm down

これは中学校や高校の英語の授業や教科書に一番出て来そうな表現ですね。

A : I’m so nervous.(緊張するな~)

B : Calm down. You can do it.(落ち着いて。君ならできるよ)

また

A : I can’t stand it anymore.(もう我慢できない!)

B : Calm down. I’ll coming soon.(落ち着いて!すぐにそっちに行くから)

のように使えますね。

relax

こちらは日本語でも「リラックス」という言葉で使いますね。

ただし、英語での使い方には気をつけてください。

Just relax.(まあ落ち着いて)

I sat back and relaxed.(椅子に座って落ち着いた)

またrelaxには「緩める」という意味もあります(=loosen)。

He never relaxed his effort to break the record.

(彼は記録を破るための努力を決して緩めなかった)

take it easy

会話表現などでおなじみの表現。「気楽にいこうよ」というような訳で覚えている人もいるかと思いますが、使い方によっては「落ち着いて」という使い方にもなります。

A : I don’t know what to do.(どうしたらよいかわからないよ)

B : Take it easy. (落ち着いて)

make oneself at home

これは「くつろぐ」というような意味合いになります。

oneselfはmyself, yourself, himselfなどが入ります。

とはいえ、相手に言う場合は多いのでyourselfが多いです。

Please make yourself at home.(どうぞ、ごゆっくり)

ちなみに文法的に説明すると

make O C(OをCにさせる、O=Cの関係)

という第5文型になります。

chill out

今回の中で最もネイティブらしい表現がこのchill out

A : We stuck in a traffic jam.(渋滞にはまっちゃったよ)

B : Chill out. We’ll get there in time.(落ち着いて。時間には間に合うよ)

chillは「冷やす」「冷却する」「冷える」の意味があります。

冷凍食品の「チルド」はこのchillから由来しています。

またchillは次の使い方もあります

I’m just chilling at home. 家でだらだらしてるよ。

使えるとちょっとネイティブっぽくて気持ちがいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました