英検準1級・2級のリスニングで頻出な文法【助動詞+have+p.p.】を例文&音声つきで紹介

英検

みなさんこんにちは、じぃ~じです。

本日は

英検2級・準1級のリスニングで頻出な文法

を紹介します。

それは

【助動詞+have+p.p.】

のうち次の2つ

①must have p.p.

~したに違いない

②should have p.p.

~するべきだった

です。

これらは

①過去の推量

②過去の後悔

を表しますが、大事なことは

今から過去のことを振り返っている

ということです。

また、この2つは

リスニングの会話文

でよく登場します。

つまり

会話表現としてもよく使う

ということを意味します。

実際には次のようなセリフで登場します。

リスニング対策でもあるので音声もつけます。

Sorry, I must have misunderstood you.

ごめんなさい、誤解しちゃったに違いないわ

They must have been spectacular.

きっと壮観だったろうね

We should have watched the baseball game at home.

家で野球でも見ているべきだった

You should’ve come.

あなたも来たら良かったのに

是非、参考にしてみて下さい。

じぃ~じ
じぃ~じ

アメブロでは英単語クイズやとっさの一言の他に、猫や料理、日常で感じた事を赤裸々に綴っています。人生に少し疲れた時に、じぃ~じの背中に癒されに来てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました