関係代名詞の非制限用法の訳し方の6パターンをスライドで解説

英文法

こんにちは、じぃ~じです。

高校で学習する関係代名詞の非制限用法。

なんとなく

「訳し下す」

ということは知っていても、上手く訳すのは難しいもの

今回は

関係代名詞の非制限用法

訳し方の6パターン

を解説します。

スライド形式

で解説します。

「訳し下す」とは

関係代名詞の訳し方は以下のように習うと思います

制限用法 :訳し上げる

非制限用法:訳し下す

例文を見てみましょう。

スライドで示されている

日本語と英語の語順

を見て下さい。

訳し上げる制限用法

訳し下す非制限用法

では位置関係が逆になっていますね。

6パターンの訳し方

次に

関係代名詞(非制限用法)

6パターンの訳し方

を次のようにまとめました。

見るとわかるのが何となく

接続詞+代名詞

になっていることです。

それでは1つ1つ見ていきましょう。

連続

まずは

連続

ポイントは

and+代名詞

訳し方は

「そしてそれは…」

「そしれそれを…」

に当てはめて訳すタイプです。

スライド中心に解説を進めます。

まずは問題です。

先ほどの訳し方に当てはめてみるとどうなるでしょうか。

ポイントとして

関係代名詞の後ろの文

何が足りないか

を確認しましょう。

主語がない=「そしてそれは~」

目的語がない=「そしてそれを~」

となります。

理由

続いて

理由

ポイントは

because+代名詞

訳し方は

「なぜならそれは~」

「なぜならそれを~」

です。

それでは問題をやってみましょう。

答えはこちらです。

こちらも先ほどと同様に

関係代名詞の後ろの文に何が足りないかを確認しましょう。

主語がない=「なぜならそれは~」

目的語がない=「なぜならそれを~」

となります。

感覚的には「なぜならそれは~」の登場回数の方が多そうです。

反対

続いて

反対

いわゆる

逆接

です。

ポイントは

but+代名詞

訳し方は

「しかしそれは~」

「しかしそれを~」

です。

そろそろコツがわかってきましたか。

それでは問題を解いてみましょう。

正解はこちらです。

これまで

「連続」

「理由」

「反対」

と解説をしてきました。

どの意味に当てはまるかは

文脈

を考えて判断します。

譲歩

訳し方の4つめは

譲歩

です。

難しい言葉ですがポイントは

though+代名詞

訳し方は

「それは~だけれども」

「それを~したけれども」

です。

それでは問題を見てみましょう。

正解はこちらです。

性質上、

挿入型が多い

のが特徴です。

 挿入型はこの後に説明します。

文の全体や一部をさす

5つめの訳し方は今までとは少し異なります。

文の全体や一部をさす

というものです。

訳し方は

「そのことは…」

「そのことを…」

となります。

では例文を実際に見てみましょう。

正解はこちらです。

ちなmに2番目の文のwhichは

he would make a girlfriend

をさしています。

文全体を指す場合

文の一部を指す場合

はほとんど変わらないので、

1つの種類

としてとらえても問題ないでしょう。

挿入

最後に

挿入

です。

ポイントは

主語と動詞が分離される

訳し方は

[主語]は~で、

[主語]は~ですが

などです。

実際に例文を見たほうがわかりやすいと思います。

正解は

挿入は主に長文に登場します。

あくまでも補足説明をしているので、そのつもりで前から訳していくのがよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

ふわっと理解している

関係代名詞の非制限用法の訳し方

6つの訳し方のパターン

がしっかり整理されましたか。

再度、訳し方の6パターンの表を載せておきます。

是非、参考にしてみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました