【英検2級】ライティングのコツと使える表現6選を紹介

英検
じぃ~じ
じぃ~じ

みなさんこんにちは、じぃ~じです。今回は英検2級のライティングのコツと使える表現を紹介します。

皆さんが英検2級に挑戦する理由は様々だと思います。

英検2級は大学入試の加点条件や出願資格になっているからという人もいれば、自己啓発として英語の試験に挑戦したい人もいるでしょう。

英検2級はまた履歴書にも書くことが出来ると言われています。

英検2級に合格するためにもライティングでしっかり点数を稼ぐことは大事ですが、

「ライティングが苦手」

「どう書いたら良いかわからない」

という人は多いのではないかと思います。

英検2級のライティングではちょっとしたコツと使える表現を知り、実践することで時間短縮や得点アップにつながり結果的に総合得点で合格点を上回ることが出来ます。

今回は英検2級のライティングのコツと使える表現5選を紹介します。

今回は英検のHPに掲載されている2022年度第1回のお題を例にとって英検2級のライティングのコツと使える表現をお伝えしたいと思います。

型は一択

英検2級のライティングのコツは

型を1つに絞る

ということです。

どんな型で書いていこうかと悩まずに書けることが時間の短縮につながります。

ライティングで時間を短縮できれば、リーディングにじっくり時間を使うことができ、結果的に合格点につながります。

結論+質問文の繰り返し

英検2級のライティングでは1文目は質問の文を繰り返しながら、Yes/Noなどの自分の意見を述べます。

それでは例題を見てみましょう。

例題

Some people say that it is necessary for people to go to important historical sites in order to understand history better. Do you agree with this opinion?

歴史をよりよく理解するために歴史上の建造物を訪れることが必要と言う人がいます。あなたはこの意見に賛成ですか(80~100字)

この場合は

Do you agree…?

で聞かれている文ですので、始め方は

書き出し

賛成→I agree

反対→I don’t agree

となります。

その後ですが、thatでつないで質問文の必要な個所を繰り返すので

書き出しの例

I agree that it is necessary for people to go to important historical sites in order to understand history better.

となります。

質問文のどの部分から引用するかは少し練習が必要ですが、ここまで自動的に書き出しが出来ることで、時間短縮につながります。

英検2級のライティングでは質問のパターンはDo you think…?またはDo you agree…?なので答え方のパターンはそんなにありません。

書き出しのポイント

書き出しは「結論+質問文の繰り返し」

1つの理由の2つの文が目安

英検2級のライティングではお題に対して理由を2つ書くことが条件です。

この理由が理由になっていなかったり、個人的な感想を書いてしまうと減点の対象になりますので、注意してください。

詳しくは英検HPのこちらのページをご覧ください。

さて通常のライティングでは

I have two reasons.

(理由は2つあります)

と書いてもいいですが、英検2級のライティングでは

省略して理由や具体例を膨らませた方が得点につながります。

したがって、2文目からは

First,から始まる1文 + 1文

Second,から始まる1文+ 1文

と決めておきましょう。

また、あまり簡潔に書き過ぎると条件の字(80~100字)に届かなくなりますので注意してください。

さらに英検2級のライティングでは内容を考えるためのキーワードが示されています。

今回では

・Experience

・Motivation

・Technology

の3つです。

これらのキーワードをヒントに書いてもいいですし、使わなくてもよいということになっています。

今回の例題のここまでの解答例(じぃ~じオリジナル)です。

YESの解答例

I agree that it is necessary for people to go to important historical sites in order to understand history better. First, it is said that people get interested in history when you have real experience. For example, some people are touched by castles and then get interested in history. Second, motivation plays an important part in studying. Visiting historical places will help you understand history better than learning through only textbooks.

NOの解答例

I don’t agree that it is necessary for people to go to important historical sites in order to understand history better. First, it takes much time and energy when you visit real historical sites. You have to remember many things about history so it is impossible to visit many historical sites. Second, instead of visiting historical sites, You can use various technologies to understand history. The internet helps you see such historical sites and you can learn history through apps.

まとめの段落は1文でOK

英検2級のライティングでは字数制限が80~100字と決まっています。

上記の解答例で70~80字なので、結論となる文は簡潔に1文を書きます。

こちらも次のような型を決めておくと時間短縮となります。

結論に使う型

For these reasons,…

このような理由で…

こちらを使って解答例を完成させるとと次のようになります。

YESの解答例

I agree that it is necessary for people to go to important historical sites in order to understand history better. First, it is said that people get interested in history when you have real experience. For example, some people are touched by castles and then get interested in history. Second, motivation plays an important part in studying. Visiting historical places will help you understand history better than learning through only textbooks. For these reasons, I believe people need to go to important historical sites to understand history better.(88字)

NOの解答例

I don’t agree that it is necessary for people to go to important historical sites in order to understand history better. First, it takes much time and energy when you visit real historical sites. You have to remember many things about history so it is impossible to visit many historical sites. Second, instead of visiting historical sites, You can use various technologies to understand history. The internet helps you see such historical sites and you can learn history through apps. For these reasons, I don’t believe people need to go to important historical sites to understand history better.(98字)

合格点をとるコツ

それでは英2級のライティングで合格点をとるために必要なコツをいくつか紹介します。

論理的に書く

英検2級のライティングで気をつけなければいけないのは

論理的に書く

ということです。

質問に対する自分の意見(結論)

その結論を導き出した理由と、理由の補足(具体例)を簡潔に書くことが求められます。

逆に言うと

「感想だけを書く」

「経験だけを書く」

「関係ないことを書く」

「質問に答えない」

などはすべて減点の対象となります。

文頭にand, so, butは使わない

こちらはライティングを少しでも練習したり添削してもらったりしたことがある人はご存じかも知れません。

英検2級のライティングでも文頭に

and, so, but

は使わないほうが良いでしょう。

これらの接続詞は文頭で使うのはライティングではご法度とされています。

話し言葉とみなされてしまうからです。

英検2級のライティングでは次のように言い換えて書くと良いでしょう。

文頭のand, so, butを言い換える

and → Moreover

so → Therefore

but → However

自分の書ける文を書く

英検2級のライティングで合格点をとるためには、英文自体を難しく、堅苦しくする必要はありません。

自分のレベルに合わせた英語で文法ミスや単語のスペルミスがないように書いたほうが得点につながらいます。

もちろん、便利な表現を知っておいた方が試験の時間短縮やミスが減ります。

次に英検2級のライティングで使える便利な表現を紹介します。

使える表現6選

それでは英検2級のライティングで使える表現をいくつか紹介します。

客観的な表現

客観的な表現を使うとよりレベルの高い英文とみなされます。

客観的な英文の代表例として

①It … to~構文

②受動態

の2つを覚えておきましょう。

客観的な英語表現①It…to~構文

(例)You don’t have to …

It is not necessary for you to…

客観的な英語表現②受動態

(例)You can buy drinks at the station.

Drinks can be bought at the station.

「人」を表すときはYouの一択

例題のように英検2級のライティングでは

「人々は…」

という質問が多用されます。

そんな時自分の解答では主語を

We

にするか

They

にするか

You

にするか

迷うと思います。

結論的には

Youの一択

です。

「人々は」と表現したい時に

We

を使う時は

「私たちは…だ。一方、彼らは…だ」

と二項対立の場合が適切と考えられています。

英検2級のライティングでは二項対立をほど複雑な問題は出題されません。

「人々」と書くときは迷わず

You

を使いましょう。

「…だと言われている」

「…だと言われている」という表現を使えると英検2級のライティングがすごく楽になります。

ここでは

It is said that S V

が便利です。

Itが主語になり、is saidで受動態で受けているのでかなりライティング向きのフォーマルな文であるにも関わらず、that 以下は普通の文のカタチでSVと受ければいいので使うのが簡単だからです。

It is said that Japanese people are kind and diligent.

(日本人は親切で勤勉だと言われている)

It is said that more people will have pets in the future.

(より多くの人が将来ペットを飼うと言われている)

「人が…するのに役に立つ」

「人が…するのに役に立つ」という表現は英検2級のライティングの問題でも活用できる便利な表現です。

英語で言うと

help 人 動詞の原形

となります。

Visiting historical places will help you understand history better than learning through only textbooks.

歴史的な場所を訪れることは教科書だけを通じて学ぶよりも、より人が歴史を理解するのに役に立ちます

「重要な役割を担う」

「重要な役割を担う」という表現は英検2級のライティングでとても役に立つ表現です。

play an important part in …

…において重要な役割を担う

を使いこなせるようにしましょう。

Motivation plays an important part in studying

モチベーションは勉強において重要な役割を担う

Music plays an important part in relaxing.

音楽はリラックスすることにおいて重要な役割を担う

接続詞は決めておく

便利な表現ではありませんが、各段落の書き出しでどの接続詞を使うかは必ず決めておきましょう。

「決めておく」というのは英検準2級のライティングでは時間短縮に直結します。

その分リーディングや語彙問題に余裕を持って取り組むことが出来るからです。

第1段落First, First of all,

第2段落In addition, Besides, Also,

最終段落For these reasons, Therefore, In conclusion

まとめ

いかがでしたか。

英検2級のライティングで合格点をとるコツと使える表現がお分かりいただけたでしょうか。

今回は英検2級のライティングで合格点をとるコツと使える表現というテクニックを中心にお伝えしました。

しかし、英検2級の合格が英語学習のゴールではありません

必要な資格を取得したら、次はより高い目標や英語学習自体を楽しみさらに英語力をあげるために日々、英語学習に励んで欲しいと思います。

じぃ~じ
じぃ~じ

アメブロではこのブログでは触れていない英語に関する豆知識や気まぐれに猫の写真を投稿しています。是非、のぞいてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました