a fewとfew はこうやって覚えれば間違えない!littleとの違いもスライドで解説

英文法

みなさんこんにちは、じぃ~じです。

英語学習、特に文法では

分詞構文

仮定法

など、重たい単元がある一方

名詞

形容詞

など軽い単元もあります。

そんな軽い単元ですがおろそかにしていると失点につながってしまいます。

本日はそんな軽い単元の中の

fewとlittle

という最も間違えやすい知識を

スライド&問題演習

で整理していきたいと思います。

特に

aがある時とない時の違い

quite a few

very little

などの応用編も説明していきます。

表で考える

fewとlittleは

マトリックス

で考えます。

具体的には

数えられる名詞×数えられない名詞

そして

少しある×ほとんどない

です。

にするととても分かりやすくなります。

次の表が自力で埋められるようになれば合格です。

数えられる名詞につくfew

まず

fewは数えられる名詞

につきます。

さらにaがあるか、ないかの違いは

aがある→少しある

aがない→ほとんどない

と考えると覚えやすいです。

したがって次の部分が埋まります。

aがある → 少しある

aがない → ほとんどない

数えられない名詞につくlittle

次に

littleは数えられない名詞

につきます。

aがあるかないかの違いは先ほどと同様に

aがある → 少しある

aがない → ほとんどない

ですので、すぐに埋められますね。

表を自分で埋めてみる

見ているだけだと出来る気がすると思います。

実際に、自分が授業であてられたつもりでもう1度、次の表を埋めてみて下さい。

いかがでしたか。

正解はこちらです。

応用編

ここまで余裕で理解出来た人は次のお応用編も目を通して見てください。

比較級

まず注意すべきなのは

比較級

です。

それぞれ

few → fewer

little → less

となります。

日常的な登場回数としては

lessの方が圧倒的に多い

のですが、あくまで文法上は

数えられる名詞につくfewer

数えられない名詞につくless

なので注意してください。

余計なものがついた場合

次に

only a few

quite a few

very little

など余計なものがついた場合の考え方です。

何度も言うように

aがある → 少しある

aがない → ほとんどない

の考え方は変わりません。

それぞれついてくる余計なものは

意味を強めたり

付け加えたり

するだけです。

したがって

only a few → 少しだけある

quite a few → とてもたくさんある

very little → ほとんどない

と考えればよいわけです。

問題演習

それでは次の問題解いてみて下さい。

それぞれのヒントは以下の通りです。

(1)

後ろがmilk、andでつながれているので買ったか、買わなかったかは…

(2)

後ろのrainy daysになっています。

(3)

後ろがwater

We have to order

注文しなければいけない

なので…

(4)

後ろの名詞がstudentsなので…

(5)

後ろの名詞がmistakes, thanがあるので…

正解はこちらです。

まとめ

いかがでしたか。

fewとlittleの違い

さらに

aがある時とない時の違い

が理解出来ましたか。

細かい単元ほど時間がなく、逆に足元をすくわれるミスにつながります。

あれっと思ったら確実に復習するようにしましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

じぃ~じ
じぃ~じ

アメブロでは英単語クイズやとっさの一言に加え、猫や料理の記事、日常で感じたことを赤裸々につぶやいています。人生に疲れた時に、じぃ~じの背中に癒されに来てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました