瞬間英作文の効果とは?メリットとデメリットをおススメの教材を紹介つきで解説

コーチング

皆さんこんにちは、じぃ~じです。

英語学習者の皆さんであれば、「瞬間英作文」というトレーニング方法を聞いたことがあると思います。

ベストセラーの書籍も出版されています。

この瞬間英作文はその価値を本の名前からトレーニングの名前に変えました。

しかし、巷では

瞬間英作文に効果はない

という意見もあります。

私は瞬間英作文賛成派です。

特に初心者から中級者に強く勧めます。

また上級者でもスピーキングに自信がなかったり、日々のトレーニングとしてはおススメです。

もちろん、否定派が主張するような弱点も認識しています。

では一体瞬間英作文トレーニングにはどんな効果があるのか。

おススメの教材と合わせてお伝えします。

瞬間英作文とは

そもそも瞬間英作文とはどのようなトレーニング方法なのでしょうか。

名前の通りなのですが、日本語の文を示された瞬間、それを英語で言うというトレーニングです。

例えば

これは面白い本ですか

Is this an interesting book?

その時、私は映画を見ていました

I was watching the movie at that time.

こんな感じです。

単語のフラッシュカードはご存じだと思いますが、イメージ的にはそれを文でトレーニングする感じです。

瞬間英作文は初心者から中級者向けのトレーニング

いよいよ瞬間英作文の効用をみていきましょう。

瞬間英作文は自動化につながる

瞬間英作文は日本語を見て一瞬で英語に変換するトレーニングです。

このトレーニングを粘り強く繰り返すことで

この表現はこの英語

というインプット兼アウトプットの繰り返しになります。

特に、定型文やとっさの一言を定着させるのには絶大な効果を発揮します。

何度も何度も瞬間英作文を繰り返すことで、実はインプットとアウトプットをひたすらやっていることになります。

その結果、定型文やとっさの一言が定着します。

瞬間英作文では初見の文をいきなりやろうとしてもかなり難しいです。

瞬間英作文できつい人はRead & Look up

初心者がやろうとすると、難しすぎて挫折してしまうかも知れません。

その場合はまずはRead & Look upというトレーニングをおススメします。

Read & Look upというのは1回目は英文を音読し、2回目はその英文を見ないで暗唱することです。

このRead & Look upは短期記憶で文を覚えるトレーニングです。

短期記憶に文を覚えるためには、文法や単語が自動化に近づいていなければいけません

英検1級を何回も合格している達人もこのRead & Look upを使って、難しい単語を覚えているそうです。

瞬間英作文は仕掛け

瞬間英作文は今では定着した言葉であり、トレーニング方法としても名が広がっています。

しかし、科学的に有効だという証明はされていません。

少なくとも現時点で私はそのような記述を見たことはありません。

実は、瞬間英作文の効果は英語脳が出来ることではありません

瞬間英作文の効果は

思わずやりたくなる仕掛け

であり

嫌でも声に出して言ってみたくなる仕組み

にあると思います。

人間の性質として、クイズを出されたら答えたくなるというのはあると思います。

瞬間英作文はそのような仕掛けの意味合いを持つことにより、自然に英語を口にするトレーニングとしての効用があると考えます。

ちなみに、私は学校で教えていた時、生徒が使っている教材の例文をもとにパワーポイントで瞬間英作文のスライドを作り、ペアワークで問題を出し合うという活動をしていました。

やはり最初は脳への負荷がきついトレーニングで大変でした。

ですから、まずはRead & Look up形式で行い、例文が頭に入ってきたところで瞬間英作文を行うというカタチになりました。

このトレーニングを辛抱強く続け、数か月後には英語が苦手だった生徒が英文を読めるようになったり、構文や熟語が頭に入るようになりました。

ただ、「覚えろ」と暗記するように強く言うのではなく、思わずやってしまう瞬間英作文という仕掛けを、ペアワークというやらざるをえない環境を作りやらせることに成功した例だと思います。

  • 初心者から中級者向けのトレーニング
  • 定型文やとっさの一言の定着に最適
  • きつい場合はRead & Look upから
  • 声に出して言ってみたくなる仕掛け

瞬間英作文のデメリット

初心者から中級車向けのトレーニングとして説明した、瞬間英作文ですが、実はデメリットもあります。

ここではいつくかあるデメリットを説明します。

負荷が高い

やればわかるのですが、実は瞬間英作文は負荷が高く疲れます。

脳への負荷が高く、量が多いとまあまあくたくたになります。

もちろん、負荷の高いトレーニングはそれだけ効果が高いのですが、負荷が高いと続かないという弱点があります。

全ての教材に応用できるわけではない

この記事で説明している瞬間英作文とはトレーニングの方法です。

一般的には「話すための瞬間英作文」シリーズとして出版されている書籍を瞬間英作文という認識があるかもしれません。

この「話すための瞬間英作文」中学から高校英語の基本例文集めています。

細かく区切られた単元別にいわゆるパターンプラクティスに近い感じで、瞬間英作文トレーニングが出来ます。

しかし人によっては瞬間英作文で身につけたい英語の分野は違います

TOEIC頻出の英文だったり、日常会話のとっさの一言かもしれません。

自分が使っている教材がそのまま瞬間英作文に使えるケースのほうが少ないはずです。

私は毎日電車の中で15分、DUOという教材で瞬間英作文をしています。

幸い、この教材は英文と対訳の日本語がちょうどよく離れているので使いやすいです。

通常、例文が載っている単語帳では、日本語訳と英文がくっついていることが多いので、どうしても日本語と英語が同時に目に入ってしまいます。

教材をそのまま使ってやるには、それが出来る教材を選ぶか、自分でパワーポイントやGoogleスライドに打ち込んで自作の瞬間英作文を作る必要があります。

ちなみに私はTOEICのトレーニングをしていた時に、「せっかくだから、TOEICに出てくる表現を話せるようになりたい」と思い、TOEICの教材に掲載されている例文で瞬間英作文を自分で作っていました。

これはなかなか大変でしたが、500文くらい作ってやっていて、成果もありました。

言い換え表現の許容を判断しづらい

瞬間英作文の2つの弱点は

言い換え表現の許容を判断しづらい

ということです。

意味が同じだけど違う言葉を使うことは英語にも日本語にもよくあることです。

例えば、「時々」という表現だけでも

  • sometimes
  • from time to time
  • once in a while
  • at times
  • every now and then
  • more often than not

などかなりの数の言い換え表現があります。

例えば

私は時々映画を見る

I sometimes go to see the movies.

でも

From time to time, I go to see the movies.

でもどっちも可です。

瞬間英作文が1番効果的なレベルは初級者から中級者です。

しかし、そのレベルの人が同じ意味だからOKと判断できるかどうかは難しいところです。

結果的に、言い換え表現を理解できず、間違っていると認識してしまい、このトレーニングや英語自体に消極的になってしまうかもしれません。

  • トレーニングの負荷が高く、継続が難しい
  • 全ての教材に対応できるわけではない
  • 言い換え表現に対応できない

瞬間英作文の弱点を補うためには

ここまでは瞬間英作文の効果と弱点をお伝えしました。

それでは、瞬間英作文の弱点を補うためにはどうすれば良いでしょうか。

教師やコーチと一緒にやる

すべての問題を解決するのは英語教師が瞬間英作文を仕掛けとして実施したり、英語の専門性が高いコーチと一緒に取り組むことです。

やるための負荷が高く、ある程度言い換え表現を知っておくと良い瞬間英作文です。

しかし、専門性のある英語コーチや教師がそばにいて管理してくれれば、効果的に続けられることができるでしょう。

瞬間英作文のトレーニングの効果自体はとても高いです。

英語力アップのために、是非続けて欲しいトレーニングです。

瞬間英作文をするのにおススメの教材

最後に、瞬間英作文におススメの教材を紹介します。

話すための瞬間英作文シリーズ

言わずと知れた元祖・瞬間英作文トレーニングです。

そもそも瞬間英作文という言葉自体がこの教材から生まれている言っても過言ではありません。

左ページが日本語、右ページが英語、CDによる音声付き(日本語→英語)で、瞬間英作文をやるための作りになっている教材です。

文法単元別になっているので、扱っているレベルは中学から高校レベル初心者から中級者向けです。

ターゲットシリーズ

受験生のテッパン、旺文社のターゲットです。

基本的には一語一義主義のもと単語を覚えていく教材ですが、例文が全ての単語についています。

右側に英語、左側に日本語という構成になっているので、英語を見ずに日本語から瞬間英作文していくことが可能です。

もともと受験生向けの単語帳ということもあり、例文も大学入試の例文が引用されています。

しかし、単語はTOEICや英検にも必要なものばかりです。

受験生時代に使った手持ちの教材で瞬間英作文をやるには十分だと思います。

DUO3.0

多くの英語学習者が優れた教材として愛用しているDUOです。

こちらは英文と日本語訳が離れているので、英文を見ないようにするというのはそんなに難しくありません。

扱われている単語は英検準1級レベル相当までの単語で、例文は政治経済から恋愛まで幅広く、楽しく学習出来る教材です。

例解 和文英訳教本

こちらは文法や頻出表現をしっかり学んでいくための教材です。

私は文法矯正編公式運用編を使っています。

文法の細かい知識を思い出したい時には文法矯正編を引っ張り出してきます。

公式運用編は文法、頻出表現、場面別の構成になっており、瞬間英作文の弱点でもあった言い換え表現もほぼカバーしてくれています。

日本語訳と英語が離れているので、瞬間英作文のトレーニング自体はやりやすいです。

取り上げられる英文が少し難しいのと、どちらかというと入試の英作文の雰囲気に近いです。

自分が英語を身につけたい目的に合わなければ、あまり無理に取り組む必要はないかと思います。

ただ、もともと文法の解説書の様相が強く、正確な文法の知識を得ることも出来ます。

瞬間英作文 おすすめ教材 まとめ

 

使いやすさ

レベル

対象

話すための瞬間英作文

基礎

初心者・中級者

ターゲットシリーズ

基礎~応用

初心者・中級者・大学受験生

DUO

基礎~応用

中級者・一般

例解和文英訳教本

応用

中級者・教員

まとめ

いかがでしたか。

瞬間英作文トレーニングの効果と、メリット、デメリット、そしておススメの教材を紹介しました。

文法や表現を反復練習によって定着させるための仕掛けとして、瞬間英作文は最高のトレーニングだと思います。

是非、自分の目的にあった教材を使い、習慣化することで英語力をつけていきましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました